渡辺産業株式会社 | WATANABE & CO.,LTD.

BRANDS

BROOKS ENGLAND

サイクリストに愛され続けるレザーサドルのパイオニア

HISTORY

  • 1866年、創始者のJohn Boultbee Brooks(ジョン・ボルトビー・ブルックス)がバーミンガムへ移り住み、グレート・チャールズ・ストリートで、馬の鞍や皮革製品を扱うJB Brooks & Coを設立。

    彼は1878年に、大切にしていた愛馬の不幸な死から、ビジネスのインスピレーションを得ました。新たな馬を購入する余裕のなかったブルックス氏は、友人に自転車を借りますが、そのサドルの不快感に不満を抱き、自ら何かをしなければいけないと心に誓います。

    そして、1882年10月28日、ブルックス氏はついに革新的なサドルの特許を出願します。まもなく発表された、独創的なコンセプトから生まれたパッド入りのコンフォートサドルは、当時としては革新的で、多くのサイクリストはそのサドルに驚喜し、大絶賛しました。

    この成功をきっかけに、ブルックス氏は自転車やモーターサイクル用の、ハンドメイドによる非常に美しいサドルやバッグ、そして、アクセサリーの生産も始め、サドルと同様に、使えば使うほど馴染むバッグは、自転車乗りだけに留まらず、あらゆる人から人気を博しています。現在では、全世界にBROOKS社の名が知れ渡るようになりました。

FACTORY

  • サドルやサイクルバッグに使われているレザー

    BROOKS ENGLAND(ブルックス イングランド)は、使用しているサドルレザーに誇りを持っており、イタリアで古くから続く伝統あるタンナーで製造しています。

    素材から一切の妥協をせず、厳しいセレクトを重ね、サドルに使用できる最高の材料のみを厳選して使用しています。これが、何十年もの間使い続けることができる理由です。

    長年使い続けて身体に馴染んだ自分だけのサドルは、まるで履き込んだ英国靴のように、あなたにとって手放せない一生ものとなることでしょう。

    末長く愛用できるサドルの秘密

    BROOKS ENGLANDのサドルには、平均して約5mmの厚みがある、現在では大変貴重なレザーを使用しています。これは、上質なヨーロッパ産の原皮(鞣す前の段階)で、この原皮を草木の中に含まれているタンニン(渋)とコラーゲン(たんぱく質)を結合させて鞣す、「タンニン鞣し」という伝統的な手法で作られています。クロム等の科学薬品を一切使用せず、製造工程においても有害物質が出ない、地球に優しい鞣し方法なのです。この「タンニン鞣し」は非常に時間と手間がかかりますが、伸縮性が小さく、堅牢な革に仕上げる事ができるため、まさにサドルに適した鞣し方と言えるでしょう。
  • 最高の品質のため

    BROOKS ENGLANDは、この最高の素材を裁断する際にも、一切妥協を許しません。例えば、サドルに適している牛革の部位のみを使用するのです。つまり、比較的繊維の詰まった、牛の臀部から背中にかけての部分のみを選んで使用しています。
    BROOKS ENGLANDは品質を維持するために、時には生産効率さえも犠牲にします。これは、BROOKS ENGLANDが100年以上に渡って蓄積してきた伝統や、トライ&エラーによって培われたノウハウと、レザーサドル作りへのプライドです。
    この妥協なき物作りへの哲学こそが、世界中のサイクリストから愛され、「唯一無二のレザーサドル」と呼ばれる所以なのです。

SHOPS

BRANDS TOP