渡辺産業株式会社 | WATANABE & CO.,LTD.

BRANDS

Atkinsons

数々の王室に愛された「ロイヤル・アイリッシュ・ポプリン」

HISTORY

  • ATKINSONS(アトキンソン)は、1820年当時のアイルランド共和国ダブリン市長、リチャード・アトキンソンが、彼のブティック専用に「アイリッシュポプリン」を織らせたことから始まりました。

    ダブリン市のカレッジ・グリーンにあるアトキンソン氏のブティックは、次第に王室の婦人達の華やかな社交場となりました。彼は、1837年にヴィクトリア女王よりロイヤルワラント(国王より授与される認定書)を授けられ、19世紀の終わりまでに、イタリア国王、ベルギー女王、ギリシャ女王、オランダ女王、そしてポルトガル女王から、それぞれロイヤルワラントを授与されています。
    そして、この単なる織物にすぎなかったポプリンは、彼が国内外で築いた幅広い王族との交流により、「ロイヤル・アイリッシュ・ポプリン」と呼ばれるようになったのです。

FACTORY

  • 現在、ネクタイに使われることの多い素材「ロイヤル・アイリッシュ・ポプリン」は、先染シルクを縦糸に、先染メリノのウーステッドウールを横糸に使用しています。シルクの表面は贅沢さを漂わせ、ウールはしわを防ぐ弾力性を含んでいるため、ネクタイには最適な素材と言えるでしょう。
    「ロイヤル・アイリッシュ・ポプリン」が持つ深みのある光沢は、それぞれの縦糸が約20,000本ものシルクによって織られているために生まれています。

    ATKINSONS社は、織物工場でありながら、ネクタイメーカーでもあるという両面性を持ち合わせており、これは他社に類を見ないことです。また、ハンドライティングによるデザインを、全て自社内で起こすことができます。アイリッシュポプリンの他にも、ピュアシルク、ピュアウールも豊富に取り扱っています。
  • 長い歴史の中で培われたATKINSONSのコレクションは、伝統の良さを再認識させられるような、最高級の品質によって支えられています。ATKINSONSが生み出すネクタイの特徴は、頑固なまでのトラディショナルスタイルと、熟練したクラフトマンの優れた技術にあります。質の高いハンドメイドのネクタイは、特定の技術を持つクラフトマンの手によってのみ作ることができ、世界各国の有名ブティックで絶賛されています。
  • ATKINSONSは、創業者によって培われた、他では手に入れることのできない品質とサービスを守り、常に向上させることを目標としています。
    小さなファミリー会社として運営されていますが、その姿勢は2世紀もの間、高い評価を受けています。

    もちろん、最高の品質を保つためには、それなりの努力を必要とします。しかし、できあがったネクタイの伝統的なスタイルは、決して華美に流れることのない英国のプレステージを感じさせます。

SHOPS

BRANDS TOP