BRANDS

HISTORY

HISTORY

ラベンハムは1969年、ロンドン北東部SUFFOLK(サフォーク)州の小さな美しい村LAVENHAM(ラベンハム)で設立されました、社名はその村の名に因んでつけられました。
ラベンハム創設者Mrs.Elliotは当時、エリザベス女王に仕える女官でしたが、ある時キルティング加工をした生地を使い女王の乗られる馬用の毛布(ホース・ブランケット)を作る事を思い付きました。その当時、ホース・ブランケットはジュート麻で作られており保温性が悪く濡れ易いため改善が必要とされていました。

Mrs.Elliotが発案したナイロン・キルティングのホース・ブランケットは1969年に発売され、瞬く間にラベンハムのホース・ブランケットが英国中に広まり、乗馬用具業界での地位を確立しました。
その後、順調にそして急速に業績は伸びてゆき、数年でLong Melford(ロング メルフォード)に工場を移転する事となったのです。
ナイロン・キルティングのホース・ブランケットが余りに軽く、丈夫で保温性が高くまた単価も適正であった為、乗馬愛好家自身が着用するジャケットの要望が高まりました。
1972年多くの乗馬愛好家の要望でナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えて行きました。その後は乗馬愛好家自身のライディング・ウェアを毎年発表し続けています。
1978年にはラベンハムの名を決定的に印象付けた製品、ダイヤモンド・キルティング・ジャケットが発表されました。このラベンハム・キルティング・ジャケットはベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアの中に高いファッション性と高品質という概念を取り入れ高く評価された。当初はナイロンが主な素材であったがその後、ウール、カシミヤ、シルク、コットン等々幅広い素材が用いられるようになりました。
1982年以来、メンズとレディスウェアに力を入れ、ロンドン、パリ、ミラノ、ローマでスタイリッシュな英国製アウターウェアブランドとしても高い評価を受けています。
1993年日本に上陸したラベンハムは、毎年新素材そして新モデルを発表し、着実にその人気を高めています。
1997年には、A.P.C.やグッチなど著名ブランドのキルティングも手掛けました。

2002年、ラベンハムは英国産業界で最高の名誉とされる「THE QUEEN'S AWARDS」 の輸出産業部門で受賞し、2003年にはSUDBURY(サドバリー)に新しい工場を建てました。



FACTORY

ラベンハムは現在世界中で高いデザイン性と安定した品質で高い評価を得ています。 耐久性に優れた素材を厳選して使用し、一着ずつ丁寧に作る製品は実用的で耐久性に優れています。
ラベンハムの工場は2003年、サフォーク州のサドバリーに移転しました。 広くて、クリーンなこの建物は、2階建てになっており、ここで全てのラベンハムの商品が作られています。

ラベンハムの特徴は、キルティング生地から自社工場で作っているため、様々なお客様の要望にお答えできるところです。 定番のダイヤモンドキルトはダイヤモンド型の角を交差させることによりほつれを防いだり、伸縮性のあるナイロン上糸と、ほつれを防ぐために毛羽立たせたポリエステル下糸を使ったりしています。そして馬やイギリス地図の変形キルトも可能です。

ラベンハムのジャケットは約10年間の使用に耐えるよう、生地、スタッド、ウェッビング等を厳選に選び、1着ずつ丁寧に縫われていきます。その途中、何度も検品をし、最終的に残る高品質な物をお届けしています。