渡辺産業株式会社 | WATANABE & CO.,LTD.

BRANDS

Wallace Sewell

ロンドンの地下鉄にも採用されているテキスタイルブランド

HISTORY

  • Wallace Sewell(ウォレス アンド スウェル)は、1990年にRoyal College of Art(ロイヤル カレッジ オブ アート)を卒業した、ハリエット・ウォレス・ジョーンズとエマ・スウェルによって設立された、非常に個性的なテキスタイルデザインのアトリエです。

    このアトリエは、産業的な技術を開発すると共に、革新的なテキスタイルをデザインするために設立されました。この両方面からの活発なアイディアの交換が、ファッションとインテリアにおけるテキスタイルの新たな側面を作り上げています。
    同社で作られている作品は、スタンダードな織の構成と、特性を最大限に活かした糸、そして大胆な色使いにより、他にはない独自性に優れた魅力が引き出されています。

    独特の色使いや織りのパターン、コンテンポラリーかつモダンなスタイルのスカーフやファブリックは、テートモダンやバーニーズ・ニューヨーク、MoMA美術館などで販売されており、現在は、約20ヶ国で取り扱われています。

FACTORY

  • Wallace Sewellは、コンピュータの技術に頼ることなく、手作業の機織り機に連結させた機械を用いて、独創的で意外性のあるファブリックを生産するという、シンプルなコンセプトを掲げています。

    これまでに手がけたコラボレーションやプロジェクトは、重要な展覧会の横で売られるテート・ギャラリーの特注スカーフから、ロンドンの地下鉄のシートに使われるファブリックのデザイン、ロンドンのジミ・ヘンドリックス博物館で使われるベッドカバーのレプリカなど、実に多彩です。

SHOPS

BRANDS TOP