渡辺産業株式会社 | WATANABE & CO.,LTD.

BRANDS

Drake’s

生産背景、デザイン、ストーリー、全てに裏打ちされたモダンブリティッシュスタイル

HISTORY

  • 1977年、ドレイクスはマイケル・ドレイクによってロンドンのイーストエンドに設立されました。ブランドが認知されるきっかけとなったネクタイやポケット・チーフの生産を始める以前は、高級ブティックや伝統的なテーラリング・ハウスに向けてスカーフやショールを製造していました。マイケル・ドレイクが掲げる理念は「くつろぎ感のあるエレガンスを備えた、時代に左右されない商品を生み出すこと」。彼のヴィジョンは今もなおブランドに受け継がれています。
    10年以上に渡ってマイケル・ドレイクと共に働いてきたマイケル・ヒルは2010年、クリエイティヴ・ディレクターに就任。マイケル・ヒルのディレクションのもと、高級アクセサリー・メーカーから真の「Design House」へと成長を遂げたドレイクスは、仕立てが良いことで知られていながらも着心地がよく、現代的でありながら、時代を超えた、独特で特徴的な美を備えています。
    ドレイクスは真の価値を持つ永続的なウェアやアクセサリーを生み出し、職人技へのこだわりと厳格な品質管理はもちろんのこと、独自のデザイン感覚にも誇りを持っています。

FACTORY

  • タイ・シャツともにイギリスの自社工場生産するドレイクス。イギリス製のタイはすべてHABERDASHER STREETにあるオフィス兼自社工場で作られています。このエリアは300年前にネクタイの生地に使われる絹織物で栄えたエリアで、この場所には昔からタイ作りの職人が住んでおり、彼らがいるからこそドレイクスというブランドは成り立っています。デザインと生産背景がしっかりしていることがドレイクスの長所であり、私たちは生産背景が無ければ商品の価値は薄れてしまうと考えています。職人、土地含めてドレイクスというブランド、商品が生まれるのです。

SHOPS

BRANDS TOP