BRANDS

HISTORY

HISTORY

OWEN BARRY社は1948年、創立者オーエン・バリーにより、イギリス南西部 サマーセット州にて設立されました。

5世代に渡ってバリーファミリーはシープスキンとレザーのなめし加工に携わっております。
オーエン・バリーは3人兄弟の末っ子で、彼ら3兄弟は父が経営するなめし工場で働き、一番上の兄は革のなめし技術を学び、二番目の兄は革の染色、着色および加工技術を学びました。 そして彼自身は革製品の製造を学びました。

しかし1939年、第二次世界大戦が勃発したため、彼らは戦争に行くことになり、また工場は戦争に使う製品を作るため政府が徴用することになりました。
オーエン・バリーが戦争から戻ると、工場は既にC&Jクラークス社に売却されており、オーエンは彼自身の企業を立ち上げることとなったのです。
彼は先ず数年間他社が経営する工場で新しい技術を習得する為働き、その後革製品を製造する会社を立ち上げました。


当初数年間は、グローブ(ファッション用/ゴルフ用)と室内用スリッパを主に製造していました。
しかし1960年代前半、多種多様なコートの生産を開始します。続いてハンドバックやインテリア商品も製造するようになり、1970年代になると、更にスタイリッシュでファッショナブルな商品をつくる為、スリッパの製造を打ち切ることとなりました。

1976年オーエン・バリーの一人娘であるシンディー・バーンステーブルが入社し、また、現在経営のパートナーとして働くケン・エリスが2年後に加わりました。
2人はオーエン・バリー自身の下でカッティング、ソーイング、デザイン、パターンの引き方、と皮革製品の製造についてのあらゆることを学び、また革の選び方から購入方法、会社の経営を学びました。

現在オーエン・バリー社は英国にて信頼の置ける優れた品質のシープスキン製の衣類、アクセサリー、皮手袋、クッションなどの製作および加工を行うファクトリー・ブランドとして広く認知されています。

現在の主な市場は、イギリス国内およびアメリカ合衆国で、バーバリー、マルベリー・カンパニー、バーニーズ・ニューヨーク、ブルックスブラザーズ、ハーヴェイ・ニコルス等、多数でお取り扱いいただいております。また彼ら自身のブランド「オーエン・バリー」にも力を入れ、高品質で、デザイン性の高い製品を最高級のサービスと共に提供することを常に目指しています。