BRANDS

HISTORY

HISTORY

グレンロイヤルは、1979年スコットランドの中西部エア・シャーでMr. Peter Pattison(ピーター・パティソン)によって創業されました。グレンロイヤルという名前は、スコットランド人にとって最も大切な二つの言葉から成り立っています。GLEN(グレン)はスコットランド語=ゲール語の谷・渓谷を表し、ROYAL(ロイヤル)はスコットランドの王室を表しています。
グレンロイヤルという言葉には、純粋さ、高い品質、古くから伝わる伝統、真正の本物、由緒正しさ、信頼性、高い耐久性、正直さ、勤勉な民族、それらの全ての意味が込められており、喜びと誇りを持って一つずつ丹精こめて大切に作り続けています。
創業者であるピーター・パティソンはアートスクールにてプロダクト・デザインを学び、卒業後はKeybags(キーバックス)社というバッグを取り扱う会社に就職、1年ほどで早くもデザイン・ディレクターに就任。その4年後にはChecker Leather(チェッカーレザー)社を自ら設立。このチェッカーレザー社はグレンロイヤルの他にも海外向け(主にアメリカ)ブランドを持っていますが、スコットランドで生産されているのはグレンロイヤルのみです。

全てのグレンロイヤル製品には高品質のBridle・Leather(ブライドル・レザー)が使用されています。ブライドル・レザーとは、牛皮をワックス/蜜蝋及び牛脂で最終仕上げたVegetable Tan(ベジタブル・タン)法でなめされた革の総称です。
元々Bridleとは、馬の頭部に付けられるくつわやたずなを指す言葉でしたが、その材料である革の種類を表すようにもなりました。馬具に使われることからも判る様にブライドル・レザーはとても強く耐久性の高い素材ですが、それ以上に大切な事は、非常にナチュラルで美しい素材でもあるという事です。

高品質のブライドル・レザーを使用して作りこまれる一つ一つのアイテムは材料の良さ、デザイン性の高さはもちろん、全ての部分のレザーのエッジを手で磨き上げる等の気の遠くなるような長い工程を経ています。
これはスコットランド人ならではの勤勉さ、正直さ、真面目さがあって初めて可能になる事なのです。いまやこのようなものをつくれるのはスコットランドしかないのかもしれません。是非グレンロイヤルを実際に手に触れてその伝統と歴史を感じ取ってみて下さい。