BRANDS

HISTORY

HISTORY

1973年、CHESTER JEFFERIES(チェスター ジェフリー)は、伝統的にレザー グローブを生産している地域の中心である、イギリス西部のギリンガムに設立されました。

現在のチェスター ジェフリーは革の選定を始め、カッティング、縫製と、経験と技術を重ね、熟練した職人がレザー グローブを生産しています。
今となっては、100%イギリスで生産する、希少なグローブ ブランドと言えます。

クラッシックなドレススタイルを始め、乗馬用として手綱を持つ部分(人差し指及び薬指と小指の間)に補強レザーパッチが付くモデルや、ポロ競技用としてスティックを持つ右手(手のひらと左手の親指以外の指の間)が補強されたモデル(左写真)をはじめ、ドライビング用などのスポーツやレジャーの為のグローブを生産し、英国王室、軍隊、警察、衛兵(旗を持つ人用)、などにも供給されています。
また、最も特徴的なディテールとしてQuirk(クワーク)と呼ぶ指の付け根のひし形のマチが付いています。これによりフィット感、運動性が格段にアップします。

一部のモデルでは、イギリスのPittard社を代表するWR100X素材を採用しています。特別に開発されたこの素材は優れた通気性と撥水性を併せ持ち、目には見えない小さな穴から汗を蒸発させ、外部からの水分、風、ホコリなどを防ぎます。また、比類のないグリップ性があり、ソフトなタッチと形をずっとキープする為に特別処理された、最高級レザーです。
柔らかく、伸縮性、通気性があるグローブの最高級素材として知られるPeccary(ペッカリー)を使用した商品も多くあります。
※ペッカリーとは野生の豚のことで、チェスター ジェフリー では起毛された高級ペッカリーを使用しています。

現在チェスター ジェフリーのグローブは、フランス、イタリア、ドイツ、日本、アメリカ及びカナダで販売されています。
また、映画「タイタニック」や「ロードオブザリング」でもチェスター ジェフリーのグローブが使われました。